インタラクティブ&エフェクト

デザイン機能

インタラクティブなデザインで、個性あふれるサイトに。

デザイン&レイアウト

インタラクティブ&エフェクト

デザインアセット&メディア

Start Creating

ホバーインタラクション

要素にホバーした際にさまざまなインタラクションを表示する ことで、ダイナミックな Web 体験を実現できます。

Editor X の作成バーの画像。
黒の背景にオレンジと白の文字でデザインされたウェブサイトの画像。
選択したテキスト要素の Editor X インスペクタパネルの画像。

EXPLORE

赤いビーズの紐を垂らしたアイマスクをつけた女性のクローズアップ画像。

AND

茶色のマーブル模様を使った抽象的なデザインの画像。

EXPERIENCE

青と白のパターンの部屋で、白い椅子に座っている女性の画像。
黒の背景にオレンジと白の文字でデザインされたウェブサイトの画像。

タップして動作をお試しください →

ブラック、ピンク、グリーンの組み合わせ、抽象的なテクスチャーのデザインを表現した画像。
緑と白のグラデーションで構成されたマーブル模様の抽象的なデザインの画像。
下部に白文字が表示された、後頭部にピンクの髪とスマイルマークを染めた男性のプロフィール画像。

移動

閉じる

制作実績

プロフィール

お問い合わせ

回転 / スタイリング

黒色の背景に透明な文字が表示された画像。
黒地に白のアウトラインの文字が表示された画像。

DESIGN WEEK

2021 JAPAN

LIVE

8月

 01— 07

参加申し込み ↓

不透明度

グラデーションのかかった背景の上に、グラフィック要素が配置されたビニール袋と白文字の画像。

時限式シーケンス

21

ELECTRONIC RHYTHM

22

OCTOBER

FUNK DISCOVERY

23

OCTOBER

NU JAZZ

不透明度 / 色の変更 / 移動

SWEET HARMONY

08 // 10-11 // 2023

SWEET HARMONY

08 // 10-11 // 2023

SWEET HARMONY

08 // 10-11 // 2023

SWEET HARMONY

移動

紫色のグラデーションの背景の中央に、いくつかの画像を配置した透明なウェブサイト。右側にはスクロールメニューが開いており、「スティッキー」が選択されています。

スティッキースクロール

任意の要素を画面に固定することで、スクロール中もその要素が常に表示されます。固定する要素のほか、通常のスクロールを再開するポイントを設定できます。

紫色のグラデーションの背景の中央に、いくつかの画像を配置した透明なウェブサイト。メニューから「スティッキー」が選択されています。
山と紫のグラデーションの空の背景写真の上に、やや透明感のある白紙のウェブサイトを表示した画像。右にはインスペクタパネルのスクロール部分が表示されています。
Image of a slightly transparent blank website over a background photo of a mountain and a purple gradient sky. The scroll section of the inspector panel appears on the right.
Image of a slightly transparent blank website over a background photo of a mountain and a purple gradient sky.
質感のある砂の画像
紫色に輝く葉のクローズアップ画像。
目を閉じて、頭を上に傾けて立っている女性のプロフィール画像。
鮮やかなグリーンで描かれた「horizon」という言葉のタイポグラフィの画像。

スティッキースクロール

任意の要素を画面に固定することで、スクロール中もその要素が常に表示されます。固定する要素のほか、通常のスクロールを再開するポイントを設定できます。

その他のインタラクション&エフェクト

ヘッダーが選択され、グラフィカルにアウトライン化されたウェブサイトのレイアウトの画像。

ヘッダースクロール

固定表示されたサイトのヘッダーに、移動、フェード、色の変更の効果を追加できます。

白い四角の中に青い文字が表示された6つのアイコンが並んでいる画像。

アニメーション

ページ上のあらゆる要素にアニメーションを追加し、動作、方向、時間、遅延などをカスタマイズできます。

白い背景に表示されたグラフィック・レイアウト・アイコンの画像。

オーバーフロー

画像、テキスト、ボタンなどの要素が親コンテナの枠からはみ出した場合のコンテンツの表示方法を設定できます。オーバーフローの設定は、非表示またはスクロール表示から選択できます。

これらの機能は Editor X のほんの一部です。

Editor X でサイトを構築、管理、公開するためのより高度な機能をご紹介します。

コラボレーション

役割&権限のカスタマイズ、チームアカウントの作成、共有可能なデザインライブラリなどからワークフローを合理化し、チームとの連携をサポートします。

Web 開発

開発者向けのオープンプラットフォーム「Velo」で、JavaScript や API を使った高度な Web アプリケーションを構築できます。

ノーコードの CMS

データコレクションを使用することで、サイトのデザインを編集することなく動的コンテンツを管理できます。

マーケティング&SEO

高度なマーケティング機能を活用して、オンラインキャンペーンの測定、トラフィックの促進、訪問者の情報収集を行うことができます。

ビジネスソリューション

ネットショップからサブスクリプション、予約システムまで、多彩なツールであらゆるビジネスニーズに対応します。

resize handle
resize handle

Editor X

Web デザインを、どこまでも自由に